--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.21(Tue):お知らせ
10月改編アニメが始まって半月。twitter上では一応一話総括ということで少しだけあげていたんですが、PSYCHO-PASS2だけあげてないのであれ~!?っていう人がいたんじゃないでしょうか。

だから言ってるでしょ!PSYCHO-PASSは別格だって!

タイムリーで追いかけてたんですが落ち着いて1話、2話を連結して見る時間が取れたんでじっくり見てここで単独で総括します。
今回は下には下げません!壮絶なネタバレですんでまだ見てないよ~な人は引き返してください。
あ、それともう分かってると思うけど自分はPSYCHO-PASS信者なのでかなり主観的な記事ですので悪しからず!気分害したら色相を曇らす前に離脱推奨ですよ~。でないと執行対象になっちゃいますからね!









さて、新編集1期からの2期だったのですんなりと世界に入っていけました。
で、第一印象は1期よりかなり人間くささが増したな~と。なんかね、心理描写が以前にも増して重み…というか奥行きを感じました。常守ちゃん、大人になりましたね~。そして立派な監視官になってました。それに霜月ちゃん、もうこんちくしょう!と思うくらいに生意気になりましたね~。やっぱ犯罪における憎悪というのがかなり前面に押し出された感じでしょうか。しょっぱなから対立の構図がはっきりしてたのにはちょっと想定外で面食らったってのが正直な意見かな。

新キャラたちも個性的で、なかなか見所多いです。雛河くんも東金さんもそれぞれの味がストーリーとあいまって凄く良かったです。
今回は初めから2係もがつんと出てくるんですね~。1期でチョイ出しになってた青柳監視官達がストーリーのコアとして活躍しているのを見てなんか凄くうれしかったです。カッコいいですよね彼女。
OPもEDもカッコいい!OPはもうしょっぱなに局長出ちゃってうわぁぁぁぁぁ!ですよ!!良かった、出てる!さて何話で乱入してくれることか。(そこかよ!という突っ込みは執行対象です。・苦笑)EDでは雑賀さんもバッチリ出てきててあぁ、やっぱり公安局側についたんだなぁって。2期のキービジュアルが発表になったときに描かれていて本当にびっくりしたんだよね。これからどんな活躍が見られるかというのも楽しみです。今回も初回限定版ゲットだわ。それにしても凛として時雨はカッコいいねぇ。ブックオフでアルバムあったら欲しいと思ってるんだけど結構いいお値段なんだよね…。でも音楽性が凄い自分にあってて色々聞いてみたいなぁと思ってるんですが…。原稿のお供にいよさそう。


…ってまぁ上辺の感想というのをつらつらと書かせてもらいましたが…ここからは個人的な見解なので読み飛ばしOKです。

今回のストーリーは常守監視官のサイコパスというのがメインに置かれているわけですが、1話、2話をみて1期とは人の心理描写の描き方のテイストが変わったような気がします。放送前の情報を踏まえて実際に本編を見るといい意味で裏切られた…というかああ、そういう形で描かれるのか!という驚きが多かったです。そして今回は前回にも増してキャラクターの相関がかなり緻密に組まれているなぁと。たとえば常守監視官を良く知る宜野座執行官、六合塚執行官はちゃんと自身の身分をわきまえつつ常守監視官を信頼し、しっかりフォローしてますし、常守監視官と敵対(?という形とは違うんでしょうが…)する位置にいる霜月監視官も六合塚執行官には素直な一面を一瞬見せていたりします。東金さん雛河くん両新キャラも各々の持ち味をしっかりと持ちながらも1係メンバーになじんでいます。そして2係の関わりもストーリーに奥深さが出ました。(2係の件は1期の縢くん失踪事件をトレースしているようなそんな気がするのは自分だけなんだろうんなぁ。)1期が2クール放送だったのに比べて今回は1クールでの展開なので(とはいえ劇場版が控えてますが。)以前に比べてすごくストーリー展開が明確でかなりポイントポイントを抑えて進んでいるのもかなり話に引き込まれ易い環境になってるなという実感があります。

常守監視官にとっては自分自身のサイコパスへの、そして同僚の対立関係からの対応、執行官たちからの信頼への上司としての責任、2係などの仲間への同調、そしてシビュラシステムからの資質としての評価、そして公安局の激務…あらゆる外圧を一手に引き受ける形になってます。たくさんの複雑な複線が彼女にどういう結末を導き出すのか…そしてシビュラシステムはどういう形に行き着くのか…興味は尽きません。これからまだまだ楽しませてもらえそうです。

さて、最後に、このPSYCHO-PASSという作品はあくまで空想世界の話ではありますが、現実世界にも相通ずる物があってまさに自分の中の定義『日常的な非日常』そのままだと思うんです。
PSYCHO-PASSという一つの人間のものさしと言うべき物ですべてを決められている世界…シビュラシステムという信託に全てを委ねてそれに従い生きる世界…。
では今実際にこの世界がシビュラシステムの統治下にあったら今よりも平和になっていると思いますか?
それとも…
そしてあなたは自分の色相を守れますか?


システムの統治する世界で自分の正義を貫く常守監視官の行く末を最後までしかと見届けたいと思います。


最後の最後に…PSYCHO-PASSファンの皆さん絡んでくださいね!お待ちしてま~す♪
TrackBackURL
→http://sibylsark.blog.fc2.com/tb.php/99-30840eca
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。