--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.11(Sun):オタ的生活
以前の記事はこちらから~。
2日目編
2日目場外編
3日目編

夏コミ3日目もつつがなく終了しお互いに爆睡したわけなんですが何故か朝早く起きれました。せっかくなのでホテルの朝食をいただいてチェックアウト、まずは東京駅に荷物を預けて、いざ出発。向かったところは…

アッとその前に今回の計画をご紹介しときましょう…。

実は今回は厄落とし企画ということで神田明神リベンジをしようという計画でした。で、なんでリベンジなのかといいますと…実は我々、冬コミの後実家に帰省、1月1日は東京にて初詣をするんですがたった1回、神田明神に行ったときに夏コミに落選したんです。その時にふと思ったわけですよ…やっぱ片参りじゃまずかったかな…と。

ここでピンと来た人はおそらくメガテニストか日本史ファンか寺社仏閣マニアっすね。自分は前者です。(苦笑)
気になった人はこの記事の後ろでちょっと補足説明したいと思いますのでここはこのまま進めます。

ここはきちんと参拝しなおしたいという事とちょうど旦那くんがラブライブ!を見るようになったのでなら聖地巡礼を兼ねてもう一度行こうということになりました。これが今回の計画の発端。

で、東京駅から歩いて向かったところが…

コミックマーケット90
はい、将門塚です。将門公の首塚といったほうがわかりやすいかな?将門公の思念が眠る場所です。神田明神には抜け殻…という言い方は失礼か…魂の器が、首塚には魂がそれぞれ眠っているのでこの2つを詣でないと願いが届かないかなーと。
東京に住んでた時はメガテンつながりで毎年来てたんですけどね…名古屋に引っ越してからずっと行かなくなってて…それで怒られたのかな~とも思ってます。いや、本当にごめんなさい。

ここはまだ将門公の思念が生きていてさすがに境内を撮る訳にいかなかったので気になる方は是非訪れてみてください。しつこいようですが将門公の思念がマジで生きてます。人によっては境内に入ると体調崩したりとかする人もいるようなので真摯な気持ちで詣でましょう。自分が思うにここは観光スポットではない…と思う。行ってみると本当に小さい敷地だけどちょっと異様な状況にちょっとびっくりするかも…。

で、首塚でしっかりと祈念してここからちょっと遠いけど歩けなくはないんで歩いて神田明神に向かうことに。
この日は8月15日、オフィス街もお盆休みだからか人気が少なかったです。色々と街中散策しながら30分くらい歩いたかな~。神田明神に到着。こっちも門前の店がお盆休みで全部お休み…。う~甘酒楽しみにしてたのになぁ。

コミックマーケット90
あまり人がいないときに来るのは初めてかも…いつも人が溢れているときに来てたからね。
こっちもやはり神聖な場所というのがあるので写真はなしです。
相変わらず色とりどりの痛絵馬が大量に奉納されてましたが…あの絵馬、境内で売ってるものだったんだね。それとオリジナルのラブライブ!グッズを扱っている場所があるの知らなかった…。結構お買い上げしている人多かったなぁ。ラブライブ!人気は根強いね。

さて、いつも表門から出入りしてるので今回はこっちにも足を運んでます~。

コミックマーケット90

コミックマーケット90
はい。μ'sのみんなが実際にトレーニングをしていた裏の階段です。やはり写真をとる人がたくさん。皆聖地巡礼に来てるんだね~。階段を下りて改めて下から見ると結構急なんでびっくり!!これをみんなは駆け上がったのかぁ!!自分は…さすがに無理です。

さて、せっかくここまで来たんだから…もう少し足を延ばしてみようか。

コミックマーケット90
和菓子屋穂むらのモデルになった竹むら。やはりここも残念ながらお盆休み中…。甘味でしっぽりとお茶しようと思ってただけにちょっと残念。
…えっと…一部の心無いラブライバーが大騒ぎして迷惑かけたらしいけど…おいおい、キャラクターたちが泣いてるぞ!!聖地巡礼は基本騒ぐな、はしゃぐな、暴れるなは鉄則!!

甘酒、甘味と撃沈したんでせめてこの近くだからそばでも食べていこうと神田藪そばに行ったら…ここもお盆休み~!!うがー!!これも将門公の呪いですかぁ!!???

もう全部が全部撃沈で意気消沈でしたがこの後せっかくなんで秋葉原で思いっきり遊んできました。

コミックマーケット90
朝からしっかり歩いて腹ペコ…こうなったら並ぶの覚悟でってアキバの超有名店の牛かつ屋に行ってきました。いつも気になってたんだよね…。ようやく念願かなった。並ぶだけのことはあって美味しかったですよ~。

あとはアキバでしこたま遊んで帰りました。これで4日目終了。すでに届いていたコミケの搬出物や泊り装備の荷ほどきもそこそこに布団しいて…爆睡。いや~3日間お疲れさまでした。
翌日ガタガタの体にムチ打って冬コミの申し込み書を仕上げてました。将門公参りの成果は…冬コミの当落にかかってるぞ!

以上夏コミレポートはこれにて終了です。
今更ながらのレポートで長々とお付き合いありがとうございました。




おまけ
神田明神の片参りの補足。歴史ブログじゃないから少し端折るよ~。

平将門公が戦に敗れて首をとられその首は京都にさらされてたんだけど後に将門公の思念が最後の力を振り絞って首を東に向けて飛ばしたという伝説は多分知っている人多いと思います。で、力尽きて落ちた場所というのがこの今回出てくる首塚なんです。
後にこの首を弔うために首塚が立てられているのですがそのすぐ近所にあったのが神田明神。天下の徳川家康が厚く信仰して今でもよく『江戸鎮守』と言われてますね。まぁそれくらい手厚く保護されてたわけなんですけど、そこに首を一緒にお祭りしたと言うのがきっかけのようです。
この将門公の思念はとてもとても強い物だったらしく(いや…実際強いんだよねぇ。今でも影響及ぼしてるんだから。)家康が江戸鎮守の力としてこの思念を利用したんじゃないかっていう説がありますね。ほら、日本には神はもちろん八百万色々な物に対しての崇拝って気持ちがあるから…御祭神が石や剣などの物だったり、木や滝などの自然そのものってのもあるし、人間には悪とされている鬼とか魔物、怨念なんかも神の力として利用しちゃうような国だから…。

で、一応はこうして収まっているわけですが、首塚の方は先ほどちょっと触れたように今でも大変で、周辺ビルは管理者や重役達が首塚に背を向けないようにしているとか色々しきたりが残っているようです。そして今ならよく分かると思うのですが今まさにこの首塚の区画は新しい土地開発でビルの建設工事をしているんですが…とても不自然に首塚の敷地だけよけられてるんです。しかもネットとかで物が飛ばないように保護されて…。普通なら首塚に移動してもらってから工事をするってのが手っ取り早いんでしょうけどそれが出来ない。

なぜなら、首塚を動かしてしまうと怨念発動でえらいこちゃになるから。

というのも過去にいろいろあっても首塚はこの場を動かすことが出来なかったんです。そんなことをすれば怪我人やら死者やら本当に沢山出るし実際そういう記録が残ってるそうで、戦後GHQ、東京都はもちろん国の力でもダメで結局永久封印地という形になってると言うわけです。あそこは触っちゃなんねぇと…。

自分はゲームで将門公伝説に触れ、このゲーム会社のそのゲームのチーム内でも首塚参りが慣例となっていたそうで自分やゲーム仲間と毎年首塚詣でをしてたため、将門公の思念に触れているという観点から神田明神を詣でる際は首塚にも行かなければならないのではないか、そして前回のコミケット落選がもしそれに対しての警告なら…。と思いお詫びも兼ねて今回両参りという形をとろうと個人的に思ったわけです。まぁ思いすぎだという意見も絶対あると思います。
もちろん実際そんな事は言われていませんし神田明神だけをお参りする方も沢山いますので、その辺は皆さんは全然気にしないで大丈夫だと思います。

自分は母方家系が実はこういうのにうるさい家系なのでちょっと気になったんです。
ただ、最近パワースポット巡りとか魔界巡りとか色々ブームになってますが、霊力や思念って本当はおっかない物でもあるのでどうぞ遊び半分とか生半可な気持ちで回るのはくれぐれも気をつけましょうねって事で。

あとここに出てくる諸々の解釈は良くテレビで出てくる『諸説ありますが…』という中略付きです。興味がある方は調べてみると面白いかもよ。東京には凄く沢山のスピリチュアル&ミステリーが埋まってるからさ。

あ、最後の補足するけど自分、心理とか神秘とかそういうのに興味はあっても信仰はないです。宗教とかそういうのも学術的に自己研究してただけなんで電波な方や狂信者の方々からのアクセスはノーサンキューなんだこれが。(笑)…ってメッチャ長くなっちゃったじゃん!!ここまで付き合ってくれた人いたらゴメンね。本当にありがとうございました!!
TrackBackURL
→http://sibylsark.blog.fc2.com/tb.php/234-f81ab317
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。