毎日毎日寒いですよね!暦の上では春なのに三寒四温どころか『温』どこ行ったよ!って感じですが皆さん寒さで風邪ひいてませんか?インフル入っちゃってませんか?とかいう自分が寒さに参ってます。ダメじゃん。

さて、今回も過去の作品からお送りいたします。

トラポタ寒い日対策 トラポタ寒い日対策 トラポタ寒い日対策 トラポタ寒い日対策
先輩達の知恵袋。これは実際にその道でお仕事されている方からお話をいただいて描かせてもらった話です。新聞紙以外ではごみ袋のような大きくて薄いビニール袋を使うこともあるそうですがビニールは蒸れて水分がたまって冷えたりするそうで逆効果なんだとか。そう考えるとこういうカイロって便利でありがたいものなんだな~って。でもね、カイロって真冬の落とし物No.1なんですよ。だから1日ホームにいたりするとレジ袋の大きいやつに一杯になっちゃったりするんで気を付けてほしいです。

以前はこういう細かいお話を聞かせてくれる現職さん、OBさんがいてくれたんですが今はさすがにそういうお話を聞かせてくれる方がいなくなっちゃったんで新作ではもうこういうリアルなネタは描けなくなっちゃうのかな~と思ってます。ちなみにここで出てきた作業員の大宮さんも新作にそのうち出てきますのでまた可愛がってあげてくださいね~。
まぁ黒歴史というよりはまだ自分の絵柄が安定しない時代のイラストをさらすだけなんですけどね。(笑)

その前に去年の記事を一斉に消去していた+正式な表紙イラストのっけてなかったので(タイトルの一部の文字が入る前のやつあげてたみたいで…)一応ここに置いときます。

過去作紹介
冬コミ発行刊。下の「夢見野市観光ガイドブック」という文字が今までのイラストにはないってなかったんだよね。一応内容はどこかにあるかもしれない架空都市「夢見野市」を舞台にそこに暮らしてたり仕事したりする人間達の日常を描いたゆるぐだコメディマンガです。
ちなみに冬コミ発行の本は本編ではなく準備号で軽い設定資料集的な本です。

で、これを踏まえて…なんですがこの『ようこそ!ゆめみのワンダーシティ』は以前どこかの記事でも書いた通り自分が過去に発行した作品の掘り起こしで一つにまとめて正式に一つの創作物語として作り変えるという事で始まったプロジェクトです。で、新作を進めるにあたってここで簡単にその「過去の作品」とやらに触れておいたほうがいいかな~と思ったわけです。
ただこの記事を書くにあたって困ったのが過去の作品のうち一昨年に発行した「COMIKEN!」以外の本の原稿を全部処分してしまっている+残っている本もボロボロで汚れや破れがひどくてスキャナーがきちんと読んでくれるかなど色々問題が山積みでして…。なんとか表紙絵だけはすべて編集できたのでご紹介しつつ説明しておこうと思います。

ではまず過去作品その1。

過去作紹介 過去作紹介 過去作紹介 過去作紹介
『出発進行!トランスポーターズ』。この作品は架空都市を走る架空の鉄道会社で働く職員さんと架空都市の市営バスの職員さんのドタバタコメディの作品でした。実はこの作品は旧シリーズと新シリーズがあり↑の表紙は旧シリーズのものでした。準備号の奥付が2002年になってたから実に16年前の作品になりますね。(苦笑)この時期はちょうど二次創作から一次創作に移ったころでまだ自分のキャラクターの形が安定してませんでした。左の2つは中身が同じだけど表紙が違うんだよね…なんでそうしたのかが謎。

過去作紹介 過去作紹介 過去作紹介
こちらが新シリーズのほう。絵が完全に変わってしまっているのがわかると思います。こちらは2012年から発行されています。この3冊発行後にプライベートや仕事がかなり忙しくなりイベント参加をいったんお休みすることになるのですが…。(水面下では創作活動もイベントへの一般参加もしてたんですけどね~。)
復帰したときにマンガを描くリハビリのつもりでオタ夫婦本描いたらしばらくそれがメインになってしまったんですが一部からはトラポタ(利便上そう略しまーす。)の続編を描いて欲しいという声が時々あったんですよ。少数だったんですけどね。
話が脱線しましたがこのトラポタは実は旧シリーズと新シリーズでは鉄道会社の名前が違ったりキャラの名前や設定そのものが変わっちゃったキャラもいます。さらに言うと今回の「ゆめみのワンダーシティ」の方でも設定が大幅に変わってしまったキャラがいます。その代表が新作の表紙の左から2番目にいる男の子です。トラポタでも新作でもとりあえず主人公なのですが新作で鉄道会社の職員ではなくなっています。(苦笑)新作ではもう一つの作品世界線が入ってくるんでそれを繋ぐ意味でも彼には新しい設定になってもらう方がいいかなと。

で、もう一つの世界線というのがこちら。

過去作紹介
『COMIKEN!』これは2015年に発行した作品です。同人活動にいそしむ女の子たちのコメディマンガでした。
この時期オタク夫婦本のネタ出しに煮詰まっていてた時期で何となく別の作品が描きたかったので試しに描いた作品でした。お試しだったのでキャラクターに名前がなく、簡単な設定のみで勢いだけで作ったかなり粗削りな内容になってしまい、発行当初は大ブーイングだったんです。ただ後になって地方ティアのティアズマガジン等で本の感想をいただいたりで尻上がりで評価をいただけたちょっと不思議な1冊でした。

この2つの作品を「夢見野市」という架空都市という接点でまとめて世界観を広げてみたい!それが新作の世界です。ゆめみの鉄道のみんな、市営バスのみんな、同人活動にいそしむみんな、それに今まで設定はあったものの本編に出せなかったキャラクター達も併せてどんな展開をさせようかと作者本人只今頭の中で色々思案中です。
今回については正直自分がやりたいことをやる!というをコンセプトにしたいので万人受けしないかもしれないのが唯一の悩みなのですが、もしお気に召した方がいれば是非よろしくお願いします!

とまぁ表紙だけでしたが今までの作品の簡単なイラスト&概要でした。中身の紹介も少しずつ準備が出来てきたのでそろそろ上げたいと思いますので今回の記事でどんな内容なのか気になった方は是非また見に来てくださいね♪
お目汚し失礼いたしました!
2018.02.02(Fri):ちょっとした余談
…なんていうタイトルつけると一体何事だと思われがちですが誰かが病気したとか事故ったとかそういう重々しい話ではないですのでご安心を。なんか書かずにいられなくてあいてここで書くことにしたまでです。はい。

で、本題。

昨日の深夜帯にスマホゲームをやってたらなんかミシッミシッという音がするのに気が付いてどこから音がするのか部屋をいろいろと見まわしてるといきなり部屋の隅の組み立て棚が倒れてきました。もう凄い豪快にいきなり。しかもその棚結構色々な物を雑多にとりあえず的にポンポン置いていた棚で…。ガラガラッバターン!って凄まじい音させちゃったから旦那くん起きるかと思ったら起きることなく寝てやがりました。(笑)
片づけるにももう3時近くで棚自体もそう簡単に直せそうもないので仕方なく倉庫部屋にあった大きめの段ボール(おそらく同人活動している人なら100サイズの箱と言えば即効分かりますよね。・笑)に散らかった画材やら紙やら本やらを取りあえず詰め込んでまとめてその日は寝ました。翌日雑然とした部屋に一気に眠気冷めました。

深夜の大惨事
分かるかな~。この組み立て棚はジョイントをかませて棚を増やしたりキャスターつけたりとできる仕組みの奴で…

深夜の大惨事
あまりの重さにキャスターのジョイント部分が2本曲がったり割れちゃったんですね。で、支えきれずに倒れたと。やはりプラスチックにあの重量は耐えきれなかったか~。

深夜の大惨事
で、詰め込まれていた数々…。こんなの積み上げてたらそりゃ壊れるでしょうよ。こりゃ新しい棚必要になるかな?と思ったんですがこいつキャスターのジョイント使わなくてもそのままで使えるようだったんで(むしろその方が安定する感じだった。)再利用して整理し直すことに。そーいえば自分今は冬コミの原稿やってて大掃除してなかったからまぁ仕方ないかな。(ここは居間なのでこのまま雑然とさせておくわけにいかないのです。)

で、丸一日かけて断捨離しましたよ!ええ、もうごみ袋3個分に古紙にだすの1束付きで!なんでこんなの取っておいた!?的な紙や今までのネームの山、失敗してお蔵入りになった原稿等々もうスパッと捨てました。画材も書けなくなったペン類を全部処分。(手元にあったものの約三分の一がごみになった…何故捨てなかったんだろう。)
一番大変だったのが同人誌の数々。さすがに皆さんの力作を捨てるなんて出来ず、これは100均でコンテナボックス買ってきて収納しました。
多分負担かけてたのはスクリーントーンと原稿用紙&表紙などに使う色上質紙だっだんだと思う。トーンはとにかく重いからね。
細かい画材類や原稿用紙などの定型紙を収納するのはいろいろ考えた結果、以前実家から事務所で使うように買った棚が使えなかったんで持って行ってくれと半ば無理やり渡された収納棚の出番となりました。今まで倉庫部屋でほこりかぶってたんだよね…。いや~君はこの日のためにあったのかー。(かなり邪魔にしてたのに。・苦笑)

深夜の大惨事
何とか1日がかりであの段ボール内の物や元々山積みにしていたものを収納しました!よく頑張った!!以前よりスッキリしてくれたんで良かった良かった。
しかし今日色々やる為に準備していたことがもきれいさっぱり流されました。節分ネタでイラスト描きたかったんだけどな~。明日から描き始めて間に合うかな~。間に合いそうならまた公開しますね。

とまぁざっくりとこんなことがありましたなんだけどこれにはおまけがありまして…。

今まで全然気が付いてなかったんですがそれこそ10年以上前の同人誌の原稿とネームの束が出てきたですよ!これには自分も驚いた!2次創作やってた時だよ。原稿が真・女神転生デビルサマナーのやつ、ネームがデビルサマナー・ソウルハッカーズのやつ…。うわ~懐かしい!でもこの原稿ペン入れ途中になってるしページ数が妙に中途半端…。多分一部欠損してるんだろうね。もうそんなことも覚えていないレベルの昔の原稿です。
自分メガテンシリーズはかなり好きで旧約(ファミコン時代のね)からペルソナ2までは遊び倒した口です。ペルソナ3からは完全に離脱してプレイしてなかったんだけどPCでIMAGINリリースされた時に飛びついたんだよね。結局サービス終了でがっかりしたんだけどさ。
とにかく旧作系が今でも大好きなんです。
絵はさすがにちょっとあれなんだけどネタ的には通用しそうだしこれをちゃんと完成させてネット公開とかしてもいいかなと思っています。まずは下書き段階の鉛筆画とかスキャンに耐えられるようなら近いうちにここで一部をあげてみようと思ってます。(そもそも見たい奴いるのか?って話だけどさ。)

ただこの原稿を見て一言…。やっぱり元の絵があるから今の自分のオリジナルの絵よりクオリティ高いでやんの。それだけがなんかすごく悔しい!

以上ちょっとした余談でした。

あ、いや、もっと日頃から整理整頓しっかりしなくちゃな…。マジで。