2018.06.15(Fri):ちょっとした余談
最近twitterに色々イラストをあげるようになってきました。反応が多い訳じゃないですがいいねしてくれたりリツイートしてくれたりしてくださる方がいるのは素直に嬉しいと思います。そもそもイラストではpixivをメインに使ってたんですが…なにやらお家騒動で離れている人が多いとか…。確かに以前に比べてあまり創作者さんたちが活発じゃないような気がしています。そんな中で自分のイラストやら発行物を告知していく上でやはりtwitterというのが今は一番効果的な媒体かなと思ってます。ブログは…流石にウチみたいなのは閲覧者数稼げないからね~。論外…かな?一応サークル告知の名目でウェブカタログやコミティア等の参加サークル案内web媒体が何もないっていうのが寂しすぎるから作りましたってのが大きいので。(よく足跡から飛んだブログのアクセスカウンターが2ケタ後半とか3ケタとかなってるとガクブルっすよ。)

さて、今回はちょっと真面目な話。

以前、ちょうどオタク夫婦本の発行が煮詰まってきてこの先どうしようかって悩んでいるときに不思議な夢を見たんです…。え?いきなり夢の話??どこがまじめな話だよお前、ついに脳みそ沸騰したか!?というツッコミはとりあえず放置プレイの方向で…。
続けますね。その夢はなんと今自分が描いている夢見野市の仲間たちの夢でして…キャラクターに起こされて自分が作ったキャラクターたちに延々と怒られるというなんとも奇妙な夢でした。おかげさまで今まで生きてきた中で3本の指に入るほどの寝ざめの悪さ!…ってそこじゃなくて…!(あ~やっぱこういうツッコミ入るのはもう自分のキャラなんでこのまま進めますね。)自分、意外とその時の夢って覚えているんです。でもまぁ夢だっていう認識はあるのでそれで終わるんですが…その時はなんか違ったんですね。なんか凄く脳みその中にこびり付いているんです。まぁ出てきたのは自分が作ったキャラですからね。忘れるわけがないんですが…。そのキャラクターたちが言った言葉が凄く印象的だったんです。

『どうして僕らを描いてくれないの?僕らはあんたが描かないと外の世界に出れないんだよ?僕らはここで消えて行っちゃうの?せっかく生まれてきたのに??』

驚きました。まさかそんなことを言われるなんてね。まして自分の生み出したもの達なんですよ?

確かに生み出したものは自分が描いて本にするなりネットに流すなりしないと世には出ません。自己満足で埋もれていくだけです。でもなんで急にこんな夢を見たんでしょう。その日久しぶりに過去の設定書を引っ張り出して描いてみました。8年というブランクがありましたがちゃんと描けました。思えば2002年から描いてたんですから当然です。

この作品(『出発進行!トランスポーターズ』)は2002年からスタートして準備号からvol.1~2まで出して一度止まってしまったんです。そのころの自分にはまだこのキャラたちを安定して書ける画力が足りなかった…。どんなに頑張っても自分の理想に到達できずあきらめたんです。その後転職だ結婚だとバタバタする時期を経て2012年に新シリーズを開始。これも準備号からvol.1~2でストップ。この時はちょっと色々あってね。自分の絵が迷走してしまって結局違う!こんな絵が描きたいんじゃないって投げちゃったんです。(…実はそうなる前にちょっとした事件があったんですが…それがきっかけです。ここではあえて伏せます。)
結局ウチのサークルは3巻が出せないサークルというレッテルが貼られてそれに苦悩した時もありました。

その後に一旦キャラクターを動かすような漫画ではなくモデルを使って簡単なネタを描くという事で出来た作品が皆さんもご存じあのオタク夫婦本『そんな二人の日常茶飯事』でした。まぁ最初のうちはグダグダもいいとこでしたが少しずつ様になってきてついにvol.3を発行。ジンクスブレイクを果たしました。その後とりあえず続けて本当はvol.5を発行した時にやめようと思ってたんです。それがなぜかその倍のvol.10まで発行することになるとは…。自分でもなんでかわかりません。ただ確かvol.5か6の後にまた違うキャラクターを作ってちょっとしたマンガを描いて発行したら大コケにコケて結局続けざるを得なかったというのが正直なところでしょう。(そのマンガが『COMIKEN!』でした。この作品は面白い経緯をたどっていてなぜか後からティアズマガジンなどで紹介されて脚光を浴びたという不思議な作品でした。描いた本人は全く納得していなかったのですが…。)
ちょうどオタ夫婦本のvol.8制作時にこのままこの作品を続けててもなぁって思うようになっていた所に今回の本題であるあの夢が出てくるわけです。

いや~ここまでダラダラとよく書いたなぁ…。読んでる方、大丈夫ですか?まだ続くよ?とりあえずお茶飲むなりトイレ行くなりして休憩してから進んでね。

さらに話を進めます。実はこの過去の本、原稿そのものは残ってないんですがサンプルとして使っていた本がまだ残っていて(発行物は一応イベントで試し読み用のサンプルをそのまま手元に残してあります。サンプルでいいので売ってくださいという方にお断りしてるのはそういう理由です。)久しぶりにその全てを読みました。まぁ画力もストーリー構成もグダグダでよくこんなんで同人誌だそうと思ったなお前状態です。ただ恥ずかしいとか封印したいとはなぜか思いませんでした。懐かしいとも思わなかった。その時自分の中でああ、やっぱりこのキャラたちが好きなんだなって気付いたんです。そしてもう1つ、画力のせいもあり絵柄こそ変わっているもののキャラクターの根底がぶれていないことに気づいたんです。そこでふと自分が過去に描くのを止めてしまった時のことを思い出してみました…。成程…そういう事か。妙に納得した自分がいました。

自分に出来ない事を求めすぎたせいで自分の首を絞めていた…それがすべての原因だったんだ。

同人誌即売会ではありとあらゆる作品が会場内を埋め尽くしています。そんな中でカッコいいキャラ、萌えるキャラ、イケメンやセクシーキャラ等々自分のキャパではない物を追い求めるあまり描けないキャラに執着してしまったんです。
要は描きたいと思う絵と自分が描くことの出来るキャラは違う。だからこそどこかで妥協が必要で、自分はその妥協が出来なかったせいでどんどんキャラクターが壊れ、描けなくなって結局そこで止まってしまっていた訳です。同人活動をウン十年やっててそれに気づくのが遅すぎたしこんなこと学生時代に嫌って程学んだはずなのになぁ。心のどこかでそれを認めたくない何かがあったんでしょうね。だから今は自分の設定キャラの精度を上げることに専念するようにしています。まぁ他の絵師さんたちからするとヘタレ絵の何物でもないですけどね。こういう絵しか描けなんだからしゃーない。(じゃあ同人辞めたら?というツッコミが飛んでくるのは想定済み。それが出来たら多分とっくに辞めてる。多分描いてイベントに出ることが自分の存在意義になっちゃってるんじゃないかな?何より楽しいし。修羅場はつらいけど。・苦笑)

ちょっと話は脱線するけど同人誌即売会って結構おっかないもので絵がそのまま売り上げに直結するってのもあるけど買い手からダイレクトに反応が飛んでくるから結構シビアです。しかも創作系オンリーになるとサークル参加者は皆ガチで作品を仕上げてくる。結構実力のぶつかり合いって感じで色々な意味で熱いんだよね。そして買い手もそういう作品から自分の欲しいものを選びに来る(まぁ大半はお目当てさんの本を買いに来るってのがメインだけどね。)訳だからもう目利きの鑑定士がうよいよいる感じかな。
以前は冗談抜きで『よくこんな本でイベントに参加しようと思いましたね。』とか『私こういうの嫌いなんで』なんてズバッと本人目の前に言われてました。今でも言われますよ。特に東京と名古屋は顕著。(苦笑)そんな中でも面白かったですと言ってくれる人が1人出てきてくれるだけでも幸せです。そんな中で活動してます。
絵は確かに会場内のどの本にも劣ります。実際に本が売れているわけではないしね。それは認めます。でも作品に対する愛情だけは…負けてない…はず…。うん。それを証明するために自分ができるレベルでクオリティを上げて行かないといけないですね。いつか愛情と画力が釣り合ってくれるといいですが…。

今ブログ上で過去の作品をあげていますが過去の作品はこういう形でしか日の目を見ることがないし、何よりこれも自分の生み出した作品の一つなのであげてます。恐ろしくヘタレた作品ではありますが笑い飛ばしていただければありがたいです。

なんかまとまりがなくダラダラと書いてしまったのですがここで一旦頭と心のもやもやを吐き出しておきたかったんです。お付き合いいただいた方には本当にありがとうございましたと申し訳ありませんでしたという気持ちでいっぱいです。
ここで一度線を引いて弱音を吐くのはやめたいと思います。でないとまた夢の中で自分のキャラクターたちに怒られそうで…。

最後に。今はさすがに各々の生活環境なり仕事なりで同人を離れたり描き手をやめて買い手になったりしているけど、以前は同人仲間がいて(今でもつながっている子たちもいるけどね~。)その人たちによく言われた事をここで書き記しておきます。これは自分への戒めとして…ね。

『へのへのもへじや針金人間で誤魔化すような作品で参加するぐらいなら本当に自分の作品を描いて参加したがっている人にスペースを譲ってあげた方が何十倍も何百倍もマシだからね!!』

二次創作の時は考えてなかったけど一次創作に移った時にこの言葉は本当に身に染みた。そして今それを痛感してます。だからこそ全力で今の夢見野市の仲間たちにちゃんと向き合ってあげないといけないよね。見る人が見たらへのへのもへじレベルかもしれませんが、それでも自分の身の丈に合った努力の結晶を夏コミ当日にスペースに並べることができるように…。そして一人でも多くその努力を見てもらえるように…。
全ての人がそうじゃないかもしれないけど、創作同人さんは少なくても作品愛でガチンコ勝負してるんですよ。

ちなみにこの夢の話はメモしてちょっとしたストーリー仕立てにして残してあるんです。時期が来たら夢見野本のどこかで笑い話として掲載しようと思ってます。ちょっとだけネタを盛らせてもらうけどね。

さぁて、言いたいことは言った。原稿あげようぜ!自分!
2018.05.31(Thu):ちょっとした余談
2018年の5月は今日でおしまい。平成最後の5月が終わるね!そして明日は平成最後の6月が始まる…と…もう上半期も1か月を切るんですか…そうですか…。

…なんて言っている場合じゃない!!考えてみろ!2018年もあと半年ちょいなんだぞ!!少しは危機感持とうぜ自分!!
あと1年もすれば年号も変わっちゃうよ…そしたら年号3つ跨いじゃうんだぜ?もう完全にBBA扱いじゃねぇか!!


という渋ーい愚痴で始まりました今回の記事ではありますが…まずお知らせ的なことから。
ええっとですね…以前ここのサイドメニューにご飯ブログのタグが貼られていたのを覚えているでしょうか…。あれにつかってたサービスのサーバが只今どえらいことになってるそうでトラブルが起きで10日前後でも復旧めど立たず…。まぁ以前もちょくちょく小さなトラブル起きてたんだけどね。使い勝手が良かった分残念だけどやはりここはしっかりした企業のサービスに乗り換えることを考えたほうがいいかなと数日前からあらゆるブログサービスを調べていじって…とやってました。本当は使い慣れてるFC2で作ってもよかったんだけどこの本館ブログのほかに6月から運用予定のものを別に1つ作っており(後でこれも書きます。)、その都度ログイン→ログアウトをする手間がめんどいしご飯ブログは基本スマホ更新なのでスマホ連携があまりいいとは言えないのはリスクがあるという結論でやめました。
一応今のところ3つのサービスに絞ってそのうちの使い勝手が良かった1つを試運転させてます。こちらも6月1日から正式に更新を始めたいと思います。

しびゅらんさん家の今日のごはん 
(タイトルが今流行りのアレのパクリじゃないか!!のご批判は…甘んじて受けます。ハイ。スイマセン。)
ちなみにこのご飯ブログ、なんだかんだで4年目突入なんだわ。ただ、以前のデータがどうなるかわからないしサルベージ出来ても膨大な量をエクスポートするのもめんどいので破棄することになりそうです。まぁ…しゃーないね。また新しい歴史を積み重ねればいいんじゃないかな?
一応こっちのブログでも以前のようにバナーで繋ぎますが、他人の家のご飯の献立なんて気になる人いる?見たいものなの??そこんところどうなんでしょうね。あ、別に特別なごはんが載ってるわけじゃないしレシピあげてる訳でもない。ただ単に記録なんですよ。まぁたまーに再現飯があがるときがあるけどね。
気になったら遊びに来てちょうだいってことで。

そして上でも書いたFC2でのもう一つのブログですが…自分の作品を紹介する専用サイトを作りました。創作ジャンルとしてかなり底辺で活動している自分もさすがに今のままじゃまずいよねってんで少しでも作品を世に見てもらうためにやってみようということで始めます。おそらく更新はカメの歩み以下ですが地道にやっていきたいと思ってます。少しでもなにかやってないと現状を打破できないんでね。
本来ならきちんとHP作ってやりたいんだけど自分の性格上確実に途中で更新止まる可能性大だと思ったので…ブログというシステムを借りてせめて記事だけはしっかりと更新させるようにしようと考えてます。ズボラでごめん。

夢見野市観光協会
今後『ようこそ!ゆめみのワンダーシティ』の新作&新シリーズの記事についてはこちらでの更新がメインになりますがただ単に描いてみたイラストやら過去の作品やらはこちらで引き続き更新しますのでどうぞよろしくお願いします。

で、現在こっちのブログについてはテンプレの一部のタグを編集しているため色々なブラウザでアクセスしてもらって動作確認してもらってます。もしお暇な方いらっしゃいましたらアクセスしてレイアウト崩れが起きてないか見ていただけるとありがたいです。

2つのブログについては後日バナーを作って貼るのでもう少しだけ時間ください!!

…とまぁお知らせ的なことはこんな感じね。
あとはちょっと下らないネタの放出なんで軽~く読み飛ばしてくださいね。

前回の大阪遠征の記事で書ききれなかった部分を放出します。
大阪に行って久々にやりたい事をやってきました。おそらく現地の人から言わせるとくだらなすぎる!!と怒られそうなレベル。(苦笑)

その1:大阪は粉モン天国だからもしかしたらイベント会場のたこ焼きもうまいと思う!

インテ2号館の近くにあった売店で売ってたんで実際に買ってみました。

関西ティア52
これで400円以下!(スマン、正式な値段忘れた…。)安い!!で、肝心な味はというと…うん。普通においしかった。出来立てじゃないのにべちゃっとしてないし中クリーミーだし。口の中でタコが行方不明になるけど(苦笑)それでもまぁおいしかったです。ほかのところはどうなんだろうね。個人的には十分だったので今度機会があったら別のも食べてみようと思います。

あ、ちなみに今回のアフターでは日本橋のグーニーズさんに行ってまいりました!もうご存知の方もいるでしょう、今年のストフェスで杏ちゃんがたこ焼き焼いてたお店だね。気になって行ってきたのですよ。

関西ティア52
何もついてないのは『すっぴん』(つまり何もつけずに食べる)を頼んだから。生地おいしい!!しっかり焼いてあってそれでいて中は程よく柔らかい。すごく好みのたこ焼きでした!自分の中のランキング更新。また行きます。ごちそうさまでした!

その2:コンビニおにぎり、関西限定のと全国版と食べ比べてみよう!

これは行きの道中のセブンイレブンで購入しました。

関西ティア52
味の違いがわかりやすいように具は鮭で。(おかかやツナマヨだとそのものズバリ味が変わっちゃうんで。)で、結論は…もうこれは好みだよね。関西式(味付け海苔)のほうはご飯の塩気が抑えられてて鮭もあっさりしてた。全国版はご飯にしっかり塩気が入ってて鮭も少し油があるかな?それぞれ用にきちんと考えられてました。個人的には関西式のほうがおいしく感じたなぁ。

その3:またまたコンビニフード。焼きそばパンを食べ比べてみよう!

以前からTwitterでつぶやいてたから知ってる人も多いかな?ファミリーマートの焼きそばパンは地方で味が違うのだよ。

関西ティア52
上が中京地区限定。下が関西限定。

関東の焼きそばパン
余談だけどこれが関東版。去年の写真だからパッケージが変わってます。

で、食べ比べると名古屋に引っ越してきてなんで自分が焼きそばパンを食べなくなったか理由がわかった。中京地区の味がくどいの!マヨも入ってるし!!関西のは若干甘いのかな?関東は…まぁ無難にふつーのソース使ってるなって感じ。自分はパンにくどさは求めてないので東京や関西行ったときは買ってきて食べてます。あとはローソンとかセブンの食べる。すっごいくどいの食べたい人には中京地区のはお薦めします。いや…まずいわけではないの。くどいの。

焼きそばパンだけじゃなく関西エリアに行ったらこんなのもお土産になります。

関西ティア52
西どん兵衛。ほかもろもろ。最近はたまーに企画で置いてくれるスーパー出てきたけど時々関西系のあっさり味食べたくなるんだよね~。

とまぁ検証実験の結果はこんな感じです。(笑)

最後におまけ。

関西ティア52
コミケ行くとりんかい線ホームやら改札やらによく貼ってあるアレの関西バージョン。基本は同じだね。(そらそーだ。)

関西ティア52

関西ティア52
個人的にツボったやつ。ああっ大阪だなぁっていう着眼点がよろしい!一人ホームで腹抱えて笑った。

前回大阪メトロの制服の話を書いたんだけど、扇町駅にこんなのがいたんで写真撮った。

大阪メトロ
カンテレのハチエモン。(ここの駅がカンテレの最寄りなんだってさ。)問題はハチエモンのかぶってる制帽!

大阪メトロ
なんと素晴らしい再現率!!ありがとうございます。エンブレム好きとしてはウハウハですよ。ってかこれ…多分大市交時代のかなぁ。詳しくないんで何とも言えないんだけど澪標に電なんだね。それに周り、月桂樹とかそういうのは見たことあるけど稲穂!!これは珍しい。いや~いいもの見せていただきました。これを踏まえるとやっぱり大阪メトロのエンブレム見たいよな~!!

実は創作の作画資料というか勉強の一環として個人的に交通機関の制帽の紋章(エンブレム)のデータを集めてるんです。さすがに現職の知り合いが昔に比べて少なくなって見せてってお願い出来なくなっちゃったんだよね。さすがに駅員にいきなり見せてください&撮らせてくださいってのは迷惑だしさせてくれないから。

…どなたか画像いただける人、いませんか?(決して悪用するわけでなく個人的データベースになるだけなので。)どこかで募集かけられたらいいんだけどね。


現場からは以上です。明日から6月、そしてまもなく夏コミ当落という天の啓示があるわけですよ。皆さん、夏コミまであっという間ですよ。準備はOK?
2018.02.02(Fri):ちょっとした余談
…なんていうタイトルつけると一体何事だと思われがちですが誰かが病気したとか事故ったとかそういう重々しい話ではないですのでご安心を。なんか書かずにいられなくてあいてここで書くことにしたまでです。はい。

で、本題。

昨日の深夜帯にスマホゲームをやってたらなんかミシッミシッという音がするのに気が付いてどこから音がするのか部屋をいろいろと見まわしてるといきなり部屋の隅の組み立て棚が倒れてきました。もう凄い豪快にいきなり。しかもその棚結構色々な物を雑多にとりあえず的にポンポン置いていた棚で…。ガラガラッバターン!って凄まじい音させちゃったから旦那くん起きるかと思ったら起きることなく寝てやがりました。(笑)
片づけるにももう3時近くで棚自体もそう簡単に直せそうもないので仕方なく倉庫部屋にあった大きめの段ボール(おそらく同人活動している人なら100サイズの箱と言えば即効分かりますよね。・笑)に散らかった画材やら紙やら本やらを取りあえず詰め込んでまとめてその日は寝ました。翌日雑然とした部屋に一気に眠気冷めました。

深夜の大惨事
分かるかな~。この組み立て棚はジョイントをかませて棚を増やしたりキャスターつけたりとできる仕組みの奴で…

深夜の大惨事
あまりの重さにキャスターのジョイント部分が2本曲がったり割れちゃったんですね。で、支えきれずに倒れたと。やはりプラスチックにあの重量は耐えきれなかったか~。

深夜の大惨事
で、詰め込まれていた数々…。こんなの積み上げてたらそりゃ壊れるでしょうよ。こりゃ新しい棚必要になるかな?と思ったんですがこいつキャスターのジョイント使わなくてもそのままで使えるようだったんで(むしろその方が安定する感じだった。)再利用して整理し直すことに。そーいえば自分今は冬コミの原稿やってて大掃除してなかったからまぁ仕方ないかな。(ここは居間なのでこのまま雑然とさせておくわけにいかないのです。)

で、丸一日かけて断捨離しましたよ!ええ、もうごみ袋3個分に古紙にだすの1束付きで!なんでこんなの取っておいた!?的な紙や今までのネームの山、失敗してお蔵入りになった原稿等々もうスパッと捨てました。画材も書けなくなったペン類を全部処分。(手元にあったものの約三分の一がごみになった…何故捨てなかったんだろう。)
一番大変だったのが同人誌の数々。さすがに皆さんの力作を捨てるなんて出来ず、これは100均でコンテナボックス買ってきて収納しました。
多分負担かけてたのはスクリーントーンと原稿用紙&表紙などに使う色上質紙だっだんだと思う。トーンはとにかく重いからね。
細かい画材類や原稿用紙などの定型紙を収納するのはいろいろ考えた結果、以前実家から事務所で使うように買った棚が使えなかったんで持って行ってくれと半ば無理やり渡された収納棚の出番となりました。今まで倉庫部屋でほこりかぶってたんだよね…。いや~君はこの日のためにあったのかー。(かなり邪魔にしてたのに。・苦笑)

深夜の大惨事
何とか1日がかりであの段ボール内の物や元々山積みにしていたものを収納しました!よく頑張った!!以前よりスッキリしてくれたんで良かった良かった。
しかし今日色々やる為に準備していたことがもきれいさっぱり流されました。節分ネタでイラスト描きたかったんだけどな~。明日から描き始めて間に合うかな~。間に合いそうならまた公開しますね。

とまぁざっくりとこんなことがありましたなんだけどこれにはおまけがありまして…。

今まで全然気が付いてなかったんですがそれこそ10年以上前の同人誌の原稿とネームの束が出てきたですよ!これには自分も驚いた!2次創作やってた時だよ。原稿が真・女神転生デビルサマナーのやつ、ネームがデビルサマナー・ソウルハッカーズのやつ…。うわ~懐かしい!でもこの原稿ペン入れ途中になってるしページ数が妙に中途半端…。多分一部欠損してるんだろうね。もうそんなことも覚えていないレベルの昔の原稿です。
自分メガテンシリーズはかなり好きで旧約(ファミコン時代のね)からペルソナ2までは遊び倒した口です。ペルソナ3からは完全に離脱してプレイしてなかったんだけどPCでIMAGINリリースされた時に飛びついたんだよね。結局サービス終了でがっかりしたんだけどさ。
とにかく旧作系が今でも大好きなんです。
絵はさすがにちょっとあれなんだけどネタ的には通用しそうだしこれをちゃんと完成させてネット公開とかしてもいいかなと思っています。まずは下書き段階の鉛筆画とかスキャンに耐えられるようなら近いうちにここで一部をあげてみようと思ってます。(そもそも見たい奴いるのか?って話だけどさ。)

ただこの原稿を見て一言…。やっぱり元の絵があるから今の自分のオリジナルの絵よりクオリティ高いでやんの。それだけがなんかすごく悔しい!

以上ちょっとした余談でした。

あ、いや、もっと日頃から整理整頓しっかりしなくちゃな…。マジで。